【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績

「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。 レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。
日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。

 

レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。



【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績ブログ:2020年09月07日

自分じゃ飲まないつもりでも
社会人になると
「真夜中のお付き合い」って増えますよね〜?

居酒屋などに行くと、どうしても
高カロリーのご飯が多くなりがち…

でも、
友達たちと居酒屋に行くと、
自分だけ食べないように…なんて、なかなかできません。

ですから、
シェイプアップ中、居酒屋に行く時には、
いくつかのポイントに注意しましょう!

まずは、食べるメニュー。

いかに努力をしたところで、
居酒屋のメニューは高カロリーのものが豊富。

ですから、
直近のご飯をどうにかすればいいのです。
結局はトータルのカロリーですから。

例えば、
飲み会があることが分かれば、
その日の午前中食や午後食は少なめにする…

もし急に決まった場合は、
次の日のご飯を控えめにするといった方法です。

そうすれば、たとえ居酒屋で
カロリーオーバーになったとしても
プラスマイナスゼロにすることができます。

また、
ソフトドリンクを効率的に
取り込むようにしましょう。

別にずーっとソフトドリンクを
飲み続けている必要はありません。

周りに気を使わせてしまいますし、
何よりなんて、あたしお酒が大好きですし…

なので、合間合間に
ウーロン茶などを入れるようにしています。

お酒というのはそれだけでも
かなりのカロリーがあります。

多少の違いはありますが、
お酒はコップ一杯で150キロカロリー程度。

ライスで換算すると、
ライスを軽く一杯といったところでしょうか?

何杯もお酒を飲めば、
かなりのカロリーになってしまうんです。

そこで、ウーロン茶を要所要所で飲みましょう。

ウーロン茶ならノンカロリー。

またウーロン茶などの水分を摂取することで、
飲んだお酒の代謝を高めることもできますよ!