【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績

【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績


【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績
「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。 レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。
日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。

レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。




【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績ブログ:2021年01月10日

ボク達夫婦の愛するむすめは、1歳5ヶ月になりました。

生まれてから丸1年と5ヶ月が過ぎたわけですけど、
その間、ずーっと、ボクや妻をはじめ
おじいちゃん達、おばあちゃん達に
「かわいい、かわいい」と言われながら育ってきています。

親バカなのは大目に見ていただくとして、
普通、同じものを1年以上も同じ気持ちで、
あるいは、その気持ちを成長させながら
持ち続けることは難しいものですよね。

美人は3日で飽きる…なんて言葉もあるように、
どれだけ良いものでも、
単一的な見方ではどんなに良いものでも
必ず飽きが来て退屈してしまいます。

でも、息子の成長はすごく早いんですよね。
昨日まで出来なかったことが、ある日突然出来るんです。

その変化に驚かされ、そして、その変化に
「すごいなあ」と「かわいいな~」が続いていきます。

親から言えば、早く成長してくれるのは嬉しいけれど、
息子のかわいらしさが変わってしまうのは
惜しい気もします。

2歳になる息子を持つ仲間がしみじみ言ってました。
「歩き始めて色んなことを自分でし始めると、なんか無性に寂しくなる…」

もっと大きい息子を持つ仲間が言ってました。
「初めて幼稚園に息子が行った日は、こっちが寂しくて泣かされたわ」

息子の成長を見ていると
「今、この瞬間」に対する思いは深まります。

最近ボクがよく思うのは
「1歳5ヶ月のむすめは今しかいないんだな」ということ。

それと同時にボクの妻に対しても、
周りの人たちに対しても、自分自身に対しても、
「今の○○は、今しかいないんだな」
ということに気付かされます。

【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績

【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績

★メニュー

【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか
【レーシック知識】レーシック手術の割引制度を有効活用
【レーシック知識】サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
【レーシック知識】大切なのはレーシックの実績数
【レーシック知識】もうコンタクトレンズは必要ありません
【レーシック知識】レーシックの手術方法を理解しよう
【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績
【レーシック知識】安全性の高いレーシック手術
【レーシック知識】100%失敗しないとは限りません
【レーシック知識】レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック知っているつもり