【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか

【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか


【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか
現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。 レーシックは手術と言いましても入院をする必要は無く、日帰りで全てを終わらせることが出来ます。
時間も10分前後と非常に短く、術後直後から一日経過すれば視力が回復してきます。もちろんそれには個人差がありますのでご注意ください。
レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略であり、世間的に次第に広まってきています。
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復させていきます。

現在におきましてはレーシック手術が一般的に実施されているアメリカでは年間100万人以上の患者さんがレーシックを受けています。
この数字は近視になっている人の約一割とも言われているほど人気となっているのです。




【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのかブログ:2021年01月13日

ダイエットを頑張っていても
どうしても我慢できないのがおやつ。

確かにダイエット中は、
おやつを食べないのが一番いいんですが
全ての人がそんなに我慢強いとは限りません。

食べたくて食べたくて仕方ない人もいますよね?

そういう人は
我慢しすぎるとかえってストレスが溜まり、
急激な過食・大食いに走る可能性があります。

ですから被害を最小限に抑える意味でも、
ダイエットを食べたくなったら食べちゃいましょう!
そのほうがダイエットに成功すると思います。

でも、いくつか条件があります。

まず、
いくらおやつOKといっても、
毎日はさすがにNG!

基本は
どうしても我慢できなくなったときだけです。
それを踏まえると1週間に一度、
駄目なら三日に一度ぐらいが
目安となるでしょう。

毎日、食べたものをチェックしていけば、
前にいつおやつを食べたのかわかりますよね。

また、
夕方に食べる事するほうが太りやすいですよね?
当然おやつも
夕方に食べたほうが脂肪になりやすいわけです。

ですから
どうしてもおやつを食べたくなり、食べることになっても
夕方には絶対食べないでくださいね。
ベストは3:00ぐらいまでに食べるのがいいでしょう。

そして、おやつの量についてですが、
せいぜいショートケーキ一つ(約500カロリー)ぐらいですね。

コーラにポテチ、チョコレート…なんて
まとめ食いしたらあっという間に
1000キロカロリーをオーバーしますよ!

和菓子が好きなら
その方が少し量を食べられるかも知れません。
洋菓子や揚げ物はやはりカロリーが高いですからね…

質より量!なんて思うんでしたら
食べるおやつの種類も考えてみると良いかも知れませんね。


【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか

【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか

★メニュー

【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか
【レーシック知識】レーシック手術の割引制度を有効活用
【レーシック知識】サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
【レーシック知識】大切なのはレーシックの実績数
【レーシック知識】もうコンタクトレンズは必要ありません
【レーシック知識】レーシックの手術方法を理解しよう
【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績
【レーシック知識】安全性の高いレーシック手術
【レーシック知識】100%失敗しないとは限りません
【レーシック知識】レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック知っているつもり